おクルマ買取専業店に車の査定を頼むと、たいていの業者は無償でしてくれます。
けれども買い替えでディーラーによる下取りが行なわれる場合には、ちゃっかり査定費用が盛り込まれていることがあります。
査定手数料は現金で支払うことはなく下取額から引くのが普通ですが、業者の無料査定を経験した人ほど忘れがちなことですので、契約書にサインする前に査定手数料は必要なのかをいま一度はっきりさせておきましょう。
査定は有料だと言うのだったら、そこはディーラーにとっては不利ですから、交渉の余地ありと言うことになります。
オンラインで自分の車の価値を査定することが出来ますが、それは、どうしても簡易的な方法で見積もりを出したまでです。
自分と全く同じ車種の同じ年式の車だっ立としても、一台一台その状態はまちまちですから、一台一台の具体的な見積額というのはおクルマを見ながら確認しないことには導き出せません。
このため、インターネット(遠くの人とテレビ電話をしたりできるのも、とても便利です)で前もって得られた相場通りの価格が本当の買取金額になるわけではないので、気を付ける必要があるのでしょう。
年間走行距離数はだいたい1万キロというのが相場です。
総走行距離数が5万キロを超え立ところで走行距離が長い多走行車と言われるようになり、査定時にもその程度ごとに減点対象となり、これが10万キロともなれば過走行車あつかいで金額をつけられないからと買い取りを断られるケースもあります。
また、走行距離でいうと、短すぎるというのも実はあまり良いとは言えません。
車の年式に比べ走行距離数が短すぎるときは、逆に駆動部分が極端にへたっていたり、状態が悪化していることが多く、敬遠されることがあります。
見た目は遜色なくても事故歴のある車だとか総走行キロ数が10万kmを越える車だと、おクルマ市場では敬遠される対象なので満足な値段がつかないことも珍しくありません。
残された選択肢はというと、解体業者へのもち込みと廃車手続きを自分ですれば、屑鉄代と重量税の還付金が手もとに残ります。
そのほか、そのような車を専門にあつかう専業店に査定を依頼する方法があります。
そこでは車は部品の集合としてあつかわれ、パーツごとに査定してもらえるため、一般の買取専業店のように値段がつかないということがないのです。
廃車にする労力やコストを考えた上で金額的にも納得のいく方を選ぶことが大事です。


  • -
  • 18:11
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

Comment





   

PR

Calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>

Archive

Recommend

Mobile

qrcode

Selected Entry

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM