持ちろん大部分は良心的ですが、その数は多くないのですが、悪質なおクルマ買取業者も存在するのです。
手口の例としては、見積もりを申し込む時に、「見積もりした後にその車を持ち帰っても良ければ査定額をアップさせることが可能ですよ」などと言われ、直ぐに車を引き渡すように強要させられて、その車を明け渡した後で料金を支払わずに、連絡先もなくなっているという詐欺の手法が存在します。
一般的におこなう契約手続きを踏もうとしないで急いでその車を持って帰ろうとする会社は詐欺だと疑って掛かって良いでしょう。
どんなに努力したところで、査定の専門家から見れば買取対象車の修復歴や事故歴は隠しおおせるものではありません。
偽ってまで値段をつけさせるという考え自体、信頼関係を破綻させる原因として充分ですし、査定額アップの交渉なんてもってのほかでしょう。
そして査定で申告対象となるような車の状態を隠蔽するのは不動産屋が事故物件を偽るのと同様、告知義務違反という扱いになり、もし発覚すれば解約返金も当たり前です。
それに契約書をよく読んでいくと告知義務違反に関する項目は必ずあるはずです。
一社や二社ではなくて複数のくるま買取店舗に査定をしてもらってから売却先の店舗を決めるのが、より高値でくるまを売却するコツと言えるでしょう。
同じ時に多数の店舗のスタッフに来てもらい、価格競争をさせるというのも自分にとって有利になる手段です。
いけないことのように感じる方もいるでしょうが、割と良くある事柄ですから、特に気にするというのはないでしょう。
それと、実際に契約する段階になった時には取り交わす契約書の全文を熟読することも必要です。
愛車を手放した後から、「瑕疵担保責任」を言いワケにして買取店舗が契約を解除したり買取金の減額などを通達してくる事があるのです。
自分が事故歴などを専業店側に嘘を付いて売ったのならば売却側に非があると言えるのですが、見積もり時に確認エラーがあったからであるなら非難される覚えはないのです。
買取業者が一方的に契約解除や買取額の減額などを迫ってくるときには、消費生活センターや国民生活センターなどへトラブルが起きていると相談するとむやみに悩まなくても解決できます。


  • -
  • 07:47
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

Comment





   

PR

Calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>

Archive

Recommend

Mobile

qrcode

Selected Entry

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM